クレアチニンを下げるには


[スポンサードリンク]

腎臓を守りたい

女医このウェブサイトをご覧になっている方はクレアチニンの数値が基準値を超えている方が多いのではないでしょうか?

クレアチニンの数値が高いと診断されてしまったら病院で通院・治療・投薬が必要になってきます。

治療に合わせて生活習慣の見直し・改善が重要になります。こんな話は健康診断先でも病院でも耳にタコが出来るくらい聞かされているはずですが.....

いまはもう「クレアチニンとは?」「腎不全とは?」等の情報が欲しいわけではないはずです。

実際にクレアチニンの数値が高く腎機能が低下しているので、今知りたいのは腎臓を回復させ、クレアチニンを下げる為に毎日少しづつでも出来る実践的な情報です。

何もしないでいるといずれは尿酸値が上がって痛風になったり、腎不全を発症して人工透析治療なしでは生きてゆけない体になってしまいます。他の病気を併発する確率もぐっと上がってきます。

健康診断で以上を指摘され食生活を改善された方の体験談

会社の健康診断でクレアチニン値が少し高いことを指摘され、すぐに食生活を改善することを指導されました。家族の生活がかかっているので、入院だけは絶対にしないと言う気持ちで、妻と一緒に徹底した食事制限と軽い運動を続けました。

食生活の改善と合わせて健康によいと言われるサプリメントもいろいろ試しました。オルニチンやにんにく卵黄など試しましたが、『クレアギニンEX』が1番合っていたような気がします。

サプリメントの効果はなかなか感じることができるものが少ないのが本音ですがクレアギニンEXを飲み続けて明らかに違いが感じられたのが、夜中にトイレで目を覚ますことがなくなりました。それによってぐっすり眠ることができ、慢性的にあった倦怠感も嘘のようになくなりました!

入っている成分とかはノコギリヤシくらいしか分かりませんが、食生活の改善をしっかりやりながらサプリメントを飲んだので体の変化を実感できたのだと思います。本当に妻に感謝で頭が上がりません!(東京都 Y.N様 47歳)

クレアギニンEX

健康診断でクレアチニンの数値の異常を見るまでは、なかなか腎臓のことを意識することは少ない毎日だったと思いますが、まずは日常ですぐに実践できるクレアチニンを下げる為・腎機能を回復させるために良いとされている方法で腎臓のケアをしていきましょう!

クレアチニンを下げるには

クレアチニンを下げるクレアチニンを下げるにはもうすでにおわかりと思いますが軽い有酸素運動と食生活の改善が基本になります。

クレアチニンは筋肉の活動によって発生するので、負荷の掛かる筋トレなどの無酸素運動などはクレアチニンの数値を高めてしまいます。軽い有酸素運動を継続していくことがベストです。

散歩より少し速めのウォーキングが良いですね。ただし、散歩でもウォーキングでも体内の水分量は減少していきます。運動をする前後にしっかり水分を摂り、運動中も喉が渇いたらこまめに水分補給をしてください。体の中の水分の循環を良好にすることが腎機能を高めることになります。

食生活の改善チェックポイント

  • 食事の塩分を徹底的に抑える
  • 低たんぱく食材・食品を使い、たんぱく質を摂り過ぎない
  • エネルギーは糖質・脂質で適切に摂る

[スポンサードリンク]

食生活の改善はどうすればよいのでしょうか?

  • 塩分を控える
  • 塩分は腎臓から排泄されるため、取りすぎは腎臓に負担をかけます。ナトリウムの排泄機能が低下することで起こる高血圧やむくみ、だるさを軽減する為に塩分を控えましょう。
    塩蔵食品は摂らないようにしてください。干物はやめて生魚、ハム・ソーセージはやめて生肉を調理して食べましょう。

  • たんぱく質を摂り過ぎない
  • 腎臓病食事腎機能が低下すると、増加した老廃物が体内に溜り、尿毒症を引き起こします。体に良いはずタンパク質ですが、腎臓病の方は高たんぱく質の食事は控えてください。
    たんぱく質をたくさん摂ることでクレアチニンや腎臓で排泄する尿素や窒素などが滞り、腎臓に大きなダメージを与えます。クレアチニンの数値の上昇に合わせてたんぱく質の摂取量を減らしていきます。

  • エネルギーは適切に摂る
  • エネルギー摂取量が不足すると、筋肉などがエネルギー源として使われるため、その代謝産物が血液の中に流れだし、腎臓に過剰な負担がかかります。逆にエネルギーを過剰に摂取しても肥満につながり、糖尿病や脂質異常症となり、腎臓の血管の動脈硬化になる可能性があります。

    また、肥満や糖尿病の疑いのある方は、エネルギーの過剰摂取にも注意が必要です。たんぱく質が含まれない砂糖・でんぷん等や油類でエネルギーを補給しましょう。

食べて良い食品

[スポンサードリンク]


カリウムの制限によって、また腎臓病のステージによって変わってきますが、栄養バランスの良い食品を適量食べるのが1番正しいと考えられます。慢性的な腎臓病がある方は、肉などの酸性食を多く食べていると末期腎不全へ進行するリスクが高くなると判明しました。腎臓が悪くなると、カリウムの多いバナナやみかんなどの果物を避けることもありますが、酸性食という見方で食品を選別することも必要になってきます。

  • 魚介類
    クレアチニンを下げるにはアミノ酸スコアの高いアジ・イワシ・サケ・タラ・ブリ。低たんぱく質な牡蠣・あさり・はまぐり・しじみ
  • 肉類
    アミノ酸スコアの高い鶏肉・鶏レバー・豚肉・豚レバー
  • 野菜・果物類
    血液をサラサラにする効果のある玉ねぎなどはじめ野菜全般。

血液をサラサラにする玉ねぎは健康に良いとはわかっていてもなかなか量を食べれないものです。玉ねぎを下ごしらえすると手が玉ねぎ臭くなるし手間もかかります。そんな時は2週間に1度作り置きしておけばとても便利で玉ねぎもたくさん食べることが出来ます。

『酢玉ねぎ』は手間もかからず作り置きすることが可能です。玉ねぎはケルセチンや硫化アリルが多く含まれているため、血液サラサラ効果や殺菌効果があります。さらに、酢に漬け込むことによって、酢に含まれる酢酸・クエン酸・グルコン酸・りんご酸も同時に手間なく摂取できます。テレビでもためしてガッテンなどに取り上げられムック本やレシピ本も多数出版されています。


⇒⇒⇒その他の腎臓病関連の書籍はこちらからどうぞ

玉ねぎの健康効果

タマネギ女性 玉ねぎには従来考えられていた以上に体の健康に対していろいろな効能が期待でき、しかもその効能は一般の民間薬のレベルをはるかに超えるものであることが分かってきました。
  • 20種類のアミノ酸を全部含有
  • 繊維素溶解活性作用と脂質低下作用で血液をサラサラにする
  • 血液をサラサラにすることにより、尿酸値を下げて痛風を改善し、肝臓の解毒力を増強します
  • 血液の病気であるアレルギー体質を改善し、抗ヒスタミン作用が、アトビー・ぜんそく・花粉症を改善させる
  • フラボノイド・ケルセチン・グルコキニン・グルタチオン・セレンなどの活性酸素を無毒化する各種の抗酸化物質を豊富に含む
  • 硫化アリルが体を温め、精神を安定させて安眠できる

簡単にですがこのような効能が期待されます

タマネギの薬効に関係する重要な成分でフラボノイドの一種のケルセチンは、玉ねぎの皮の部分にたくさん含まれています。普通の食事ではまず食べません。というかおいしくないので食べれません。

一流企業ハウスの『タマネギの力』は、皮までまるごと使っているのでしっかりとケルセチンが摂取することができます。玉ねぎは全て北海道産の有機栽培玉ねぎを使用しており、特許を取得した製法でサプリメントにしています。

タマネギの力
クレアチニンを下げる玉ねぎ

あらためてクレアチニンとは

[スポンサードリンク]

クレアチニン(CRE)

クレアチニンとは、クレアチンリン酸の代謝産物で、筋肉中の物質からできる老廃物です。クレアチンは尿細管で再吸収されますが、クレアチニンは、尿へ排出され尿と一緒に体外へ出ていきますが、腎臓の機能が悪くなると尿中に排出されずに血液中に溜まっていき、体内に残ることになります。血液中のクレアチニンの濃度は、腎臓の機能を測るうえでの指標になります。腎臓の機能に障害があると、排泄量が低くなり、血液中のクレアチニンの数値が高くなります。

クレアチニン値の基準値は成人男性0.66-1.13 mg/dl、成人女性0.48-0.85 mg/dlです。血清クレアチニン値が高くなると、尿毒症が疑われ腎透析が必要となります。

慢性腎不全(CKD)

慢性腎不全とは、慢性的な腎疾患により、腎臓の機能が長い時間をかけて徐々に悪くなる病気です。主な原因疾患としてあげられるものに、糖尿病性腎症・慢性糸球体腎炎・腎硬化症・嚢胞腎などがあります。通常、血清クレアチニン値2~3mg/dl以上だと慢性腎不全になります。

尿毒症

尿毒症とは、腎機能の著しい低下により、本来排出されなければならない血液中の老廃物が十分に除去されないまま体内に蓄積され、全身の倦怠感・嘔吐・貧血・神経症状等を引き起こす病気です。急性腎不全の時や腎臓機能の低下が続いた慢性腎不全の末期的な症状です。そのままの状態が続くと、高カリウム血症など非常に危険なな疾病を併発することもある危険な病気です。


クレアチニンクリアランスとeGFRの測定において

クレアチニン数値

クレアチニンについて

クレアチニンとは筋肉の燃料である物質が筋肉で消費されその結果生み出される代謝物です。

通常血液を通して筋肉から流れ、腎臓で速やかに濾過され、尿となり体外に排出される用意がなされるものですが、腎臓の濾過の問題、すなわち腎臓の問題がある場合に、クレアチニンの濾過が行われません。

腎臓に病気があるかどうかの指標として、クレアチニンが血清中に残ってしまっているかどうかでチェックすることがでます。

クレアチニンクリアランスやeGFRといった値が、腎臓の健康状態の指標として使われているので、筋肉の問題であるとか食事の問題ではなく、もっぱら血液を濾過する腎臓の糸球体の問題を調べるのに使われています。

一般的に筋肉が多いほどクレアチニンは多く排出されるので、一時的に慢性的にクレアチニンの血中における(媒体は血清)クレアチニン量は筋肉量に比例して多くなります。

そのような事象からも、男性の方が一般的に女性に比べてクレアチニン量は多いです。これは筋肉の多さによるものですで、別に体の(腎臓の)状態が悪い訳ではないです。

クレアチニンクリアランスとeGFRでは糸球体を同じくみるのですが、クレアチニンクリアランスでは尿細管の影響もあるので、クレアチニンの量が多く値がでます。


クレアチニンクリアランス、eGRFとは何か?

クレアチニンクリアランス、eGRFとは何か? 2つの数値に異常が出た場合どうなるのでしょうか。

絶対的な時間当たりの尿の中のクレアチニン量を血清中のクレアチニン量で割ったものがクレアチニンクリアランスとなりますが、これは、主に腎臓の糸球体の異常を調べる際に使われる数値です。

クレアチニン値だけでも調べることはできるのですが、クレアチニンで調べた場合、かなり重度に腎臓糸球体がダメージを受けないと、数値の変化が見られないので、より前段階の病気の予防とチェックのためにクレアチニンクリアランスの数値を見ます。

クレアチニンクリアランスの値が比較的悪い場合考えられる病気としては、腎臓の病気なのですが、糖尿病性腎症、糸球体腎炎、心不全が考えられます。クレアチニンクリアランスの値がかなり悪い場合考えられる病気としては、糖尿病、末端肥大症が考えられます。

まとめますと腎臓、尿、腎臓以外、検査に問題のある場合があり、それぞれ原因を除去してやる必要があります。

腎臓の場合、尿の場合、腎臓以外の場合は、原因が本人の病気となりますが、非常に広範囲な病気に及びますので、先に述べた病気以外にも多数の病気が考えられます。どちらにしてもクレアチニンクリアランスの値をみることで、早期に腎臓の病気や以上を発見できます。

一方eGRFは血清中のクレアチニン量を年齢別に見て、腎臓の糸球体のクレアチニンの濾過を見るもので、慢性的な腎臓の病気や疲れ具合をみることができます。

これによって腎臓の状態を5段階のステージで働きの悪さを分類します。ただし、eGRFといっても極端な痩せ肥満、筋肉量が多い、肥満、痩せにより、正確な値がでにくいです。これは、クレアチニンクリアランスも同じことがいえます。

標準体重、筋肉量、年齢(子供や極端な高齢者)によってクレアチニンクリアランスやeGRFは指針とならない場合はでてきますが、基本的には病気・異常をみることができます。あくまで、筋肉量やその体重によって絶対的な指針にならないというだけです。

それは下線部の計算方法で分かるように体重や筋肉量を計算に入れていないからです。なお、ちゃんと体表面を計算に入れてクレアチニンクリアランスを計算する方法もあるのですが、やはり、子供であるとか極端な筋肉質、その逆は計算外です。



低たんぱく調整食へ


ページの先頭へ